Category

Maiko

Maiko

【恋の参考書】悩めるあなたの胸に響く「恋愛」についての指南的つぶやき 9選

記事が正しく表示されない場合はこちら※この記事は、2018年4月10日に掲載された記事を「人気記事」として更新したものです。 距離を縮めたい人がいる、しかし空回りしてなかなか上手くいかない!そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。一筋縄ではいかない恋愛に悩む方の胸に響きそうなつぶやきをご紹介します。 1. 「好きな人に好かれない」と嘆く時は、自分のレベルを上げる時 — ゲッターズ飯田 (@getters_iida) June 7, 2017 2. 異性なんてものは、最初は手前勝手な理解で、それを粉砕されて、抵抗して、受け入れたつもりが結局自分の器を知って。 みたいな話で、男女の距離なんか縮まらんよ。 でも、お前らが縮めたいのは男女の距離じゃないだろw? 男に認められた女と、そうでない女の距離だろ。 そりゃ無理だ。 — Maiko Kissaka (@kissaka) January 28, 2018 3. 「恋愛は惚れた方が負けなのよ」みたいな言い回しよくあるし昔は納得してたけど、元々他人同士の誰かを本気で愛せるのなんて普通に考えて凄い事なんだから惚れた方が勝ちだろ、と最近は思う。 — 春野 海 (@Rock_ozanari) November 9, 2013 4. 自分自信に自信があるときって不思議と恋人への嫉妬とかやきもちが生まれにくいんじゃないかな。恋愛がうまくいく秘訣って案外、自分磨きだったりするのかもね。 — max (@maxmearz) October 10, 2016 5. 失恋中って、言い方を変えれば 『まだ恋愛中』ってことだからねぇ — DJあおい(サブアカウント) (@DJ_aoi) August 6, 2016 6.…
bubmag
April 1, 2020
Maiko

日本の妖怪アマビエが世界で流行の兆し 海外のアーティストやイラストレーターたちが描く「#amabie」

新型コロナウイルスが1日も早く終息することを祈って、アマビエのイラストを投稿することが日本で流行していますが、新型コロナウイルスの脅威にさらされている海外でもアマビエが流行の兆しを見せています。 「疫病退散」にご利益がある妖怪「アマビエ」みなさんのイラスト https://twitter.com/i/events/1237981551138197506 海外のアーティストやイラストレーターたちが投稿したアマビエがこちらです。 japanese artists are drawing Amabie, a yokai that came out of the sea and told people if an epidemic occurred to draw her and show it to everyone. my auntie told me to draw her!! #アマビエ #amabie pic.twitter.com/ORACvHjHgW— Katie Aki, Honky Tonk Angel (@jinxland) March 18,…
bubmag
March 21, 2020
Maiko

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2010年代・後期(YouTube埋め込み版)」 29位-36位

 昨年で2010年代も終わったということで、2010年代・後期(2014年12月~2019年11月)に発売された邦楽の新曲を対象とした「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2010年代・後期」1位-100位のランキングを発表しています(「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2010年代・後期」)  ただそちらの記事ですと、ランクインした楽曲をYouTube等で視聴したい場合には新たにページやアプリを開かなければならないため、その一手間を省略できるようにYouTubeのMV動画を埋め込んだ記事も作ることに(それでも閲覧環境によっては新たにページやアプリが開くとは思いますが、まあ自分用の意味合いが強い記事なので)  なおこのYouTube埋め込み版の方は、100位から1位に向けて発表していくカウントダウン方式となっています  * 対象は2010年代・後期(2014年12月~2019年11月)に発売された邦楽ソング  * "順位"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ  * ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 93位-100位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 85位-92位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 77位-84位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 69位-76位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 61位-68位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 53位-60位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 45位-52位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 37位-44位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 29位-36位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 22位-28位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 15位-21位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 8位-14位   ・2010年代・後期(YouTube埋め込み版) 1位-7位  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【 36位 】 DA DA DANCE (feat. Tak Matsumoto) / BABYMETAL    アルバム『METAL GALAXY』収録  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
bubmag
March 19, 2020
Maiko

FWT Japan Series 2020 FWQ・FJT日本人ランキング発表

FWT Japan Series 2020では、手つかずの自然地形を舞台に"フリーライド"の世界一を決める大会の本戦である「Freeride World Tour(FWT)」1大会、予選大会である「Freeride World Qualifier(FWQ)」4大会、10-18歳を対象とした「Freeride Junior Tour(FJT)」を3大会開催いたしました。 Freeride World Tour Hakuba JAPAN 2020の様子 【FWT】 - Freeride World Tour Hakuba JAPAN 2020 @ HAKUBA VALLEY 1月19日(日) 【FWQ】 - FWQ Freeride Hakuba 3* 2020 @ HAKUBA VALLEY 1月14(火) - FWQ Freeride Maiko 1* @ 舞子リゾート 1月25日(土) - FWQ Freeride APPI 1* 2020…
bubmag
March 18, 2020
Maiko

THINK110

無限の富と暇を持つ、“港区おじさん”の存在をご存知でしょうか? 今回のゲストであるリアルライフスタイルメディア「東京カレンダー」の副編集長であり、映像プロデューサーとしてもご活躍されている昌保博之さんが生んだ、2017年より「東京カレンダー」のアプリやYouTubeで配信されている、オリジナルWEBドラマです。 住民の平均所得年収が約1126万(2018年)、限られた高所得者しか住めない東京都港区。そこに生息する、高収入・高ステイタス、おしゃれでイケメンな主人公の港区おじさんは、女の子にお会計だけのために呼ばれても怒らない、帰りのタクシー代を渡す、サプライズで北海道へ鮨を食べに誘う、女の子のサロン出店をパトロンとして支援するなど・・・働きもせず美貌だけで生きていこうとする女性たちを輝かせるために、日々見返りを求めずスマートに立ちふるまうキャラクターです。そして、港区おじさんを取り巻く、東京の贅を知り尽くした港区女子や、俺含有率高めな怪獣オレガーやスタバで無駄にグランデを注文する丸の内おじさんなどとの日常は、“そんなことあるわけない!”とも、“あるある!”とも思える、絶妙なストーリーで、見始めると癖になると、中毒者を続出させています。 昌保さんが副編集長をつとめる「東京カレンダー」は、2001年にレストラン情報月刊誌として創刊。2014年のリニューアル後から、よりライフスタイルの発信やそのレストランを利用する人々に注目し、現在では紙媒体だけでなく、アプリやYouTube、またLINEやinstagramなどSNSでも豊富な情報と話題性の高いコンテンツを提供されています。そのなかでも中心的な動画コンテンツである「港区おじさん」は全123話で総再生回数8000万回を超え、その人気から2018年には映画化されたり、出演者やゲストに堀江貴文さんやローランドさんを招いたファンミーティングを行ったりするなど、多角的なメディア展開やリアルを融合し成功。この出版不況と言われるなかでも、着実にファンを増やし続けている数少ない雑誌媒体ではないでしょうか。 今回は、「港区おじさん」脚本・監督を務める昌保さんだけでなく、同ドラマのヒロインである大貫由美役・留奧麻依子さんと、主役・船田さんのお友達であり投資家の寺田俊一役・伊藤ジュンさんもお招きし、「港区おじさん」誕生秘話や、制作の裏話、そして今後の展開などもお伺いできたらと思います。たくさんのご来場をお待ちしております! THINK_110 日時:2月28日(金) 開場 19:00〜 開演 19:30〜21:30 会場:広島市中区舟入本町15-1 サポーズデザインオフィス3階 会費:1000円(予約不要) <注意事項> ※椅子席は先着100席までとなります。以降は立ち見となります。 ※ご来場が多数の場合は入場をご遠慮頂く可能性がございます。予めご了承下さい。 ※トーク終了後、アフターパーティとしてゲストを交えて懇談会をご用意しています。 ※駐車場・駐輪場はございません。恐れ入りますが、近隣のご迷惑となりますので、 公共交通機関でお越し頂きますようお願い致します。 FacebookイベントページURL (https://www.facebook.com/pg/SupposeDesignOffice/events) Guest 昌保博之 / Hiroyuki Masayasu 1977年6月22日 兵庫県生まれ。 スポーツ誌、ファッション誌、週刊誌、カルチャー誌などの編集を経て、現在は東京カレンダー株式会社の副編集長 兼 映像プロデューサーとして雑誌、WEB、映像制作に従事。東京カレンダーでの最近の作品は『マクドナルド』や『TikTok』のCM、webドラマ『港区おじさん』(2017~2019)、タイアップ短編ドラマなどの映像作品の脚本・監督を務める。2018年には、初の映画作品として『港区おじさん THE MOVIE ~最後の乾杯~』を製作し、同作品がTOHOシネマズ 六本木ヒルズで限定上映された。 留奥麻依子 / Maiko Tomeoku 1986年2月5日生まれ、神奈川県出身 1999年にモデルとしてデビュー。 2001年 映画「プラトニックセックス」で役者としての活動をスタートし、 2002年 CX系連続ドラマ「ロングラブレター/漂流教室」や「ランチの女王」などにレギュラー出演。 その後、モデル・タレント・役者としてとして幅広いジャンルで活躍し、 2020年5月から東京カレンダーの世界を舞台化した「東京カレンダー THE STAGE 私はもっと上に行ける!」への出演も決定している。 伊藤ジュン / Jun Itoh…
bubmag
February 20, 2020